ローンの仕組み


* 住宅ローンは、大きく分けて〔公的融資〕と〔民間融資〕の2つに分けられます、
  どちらを利用するかは、利用者の資格条件や取得する物件によって決まります。
公的融資
 住宅金融公庫融資




 年金住宅融資

 財形住宅融資
購入する住宅が所在する都道府県内の住宅金融公庫業務取扱店と表示された金融機関で手続きをします。固定金利の割に金利が低い、抵当権設定時の登録免許税が免除になるなど利点が多いが、金利に保険料が含まれない、つなぎ融資が必要な場合があるなど不利な点もあります。


厚生年金保険、国民年金の加入者を対象とした融資です。

勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローンです。
民間融資 銀行、信用金庫、生命保険会社、住宅金融専門会社、信販会社、などの民間金融機関が、それぞれの規定に基づいて行う住宅ローンです。したがって、金利や融資限度額、返済方法なども各金融機関によって異なりますが、融資条件は一般的に公的融資よりもゆるやかです。

* 住宅ローンの申し込み時に必要なもの
住民税決定通知書
収入証明書(または所得証明書)
実印と印鑑証明書
重要事項説明書
不動産売買契約書の写し
融資の申込書類一式(融資機関ごとに異なります)
印紙代 など